為替ニュースナビ

FXのロット(Lot)数とは?

FXのロットとは?

FXのロットは取引単位のこと

FXにおけるロットとは、取引量の単位を表しています。FX会社によって異なりますが、1ロット=1,000通貨や1ロット10,000通貨として定められているのが一般的です。 FX取引では、ロット数を指定することで取引量を決めます。 ロット数を上げれば利益は大きくなります。しかし、比例して損失も大きくなります。 自分のトレードスタイル(短期・長期等)に合わせて、ロット数を決めて取引を行う必要があります。

FXのロットとレバレッジの違い

ロット数とは、取引量の単位のことです。 レバレッジは保証金を担保にして、保証金以上の取引ができる仕組みのことです。 では、「レバレッジはどうやって設定するのか?」という質問が、よくあります。 レバレッジは設定するものではなく、保証金に対して取引したロット数によって決まるのです。 計算式で見てみると、以下のようになります。 1ドル100円×1,000通貨(1ロット)÷10,000保証金=10倍(レバレッジ)

1ロットはいくら?ロットの計算方法

1ロットを取引するために必要な保証金は、FX会社によって異なります。一般的な計算式は以下の通りです。 必要保証金=現在の為替レート×取引数量÷レバレッジ 実際に計算してみましょう。 1ドル100円×1,000通貨(1ロット)÷25倍(レバレッジ)=4,000円(必要証拠金) つまり1ロット(1,000通貨)の取引を行う場合に必要な保証金は、4,000円ということになります。

1ロットは1pipsあたりどのくらいの損益になる?

FXの損益は、以下の計算式で求めることができます。 損益=(決済価格ー注文価格)×取引数量 例えば、1ロット(1,000通貨)で取引を行った場合、 100.00円で買い注文を入れて100.10円で決済。10pipsの変動で100円の利益となります。 100.00円で買い注文を入れて101.00円で決済。100pipsの変動で1,000円の利益になります。 FX会社によっては1pipsが0.01円や0.001円と異なるため、事前に確認が必要です。

FXのロット数の決め方は?

FXのロット数を増やすタイミングは?

ロット数を増やす明確なタイミングや決まりはありません。各トレーダーは自分に定めたルールに基づいて行っています。 ロット数を増やすということはレバレッジが高くなります。結果、大きな利益を出せる反面、大きな損失を出してしまうことになります。 FX取引で培った経験と知識によって、冷静な判断は欠かせません。 損失を取り返す目的でロット数を上げるという感情的な取引は、大きな損失を出すリスクを高めるだけです。

FX初心者におすすめのロット数の目安は?

FX初心者が取引を行う場合は、1ロット=1,000通貨の少額取引がお勧めです。 デモトレードで大きな利益を出すことができたとしても、実際に現金で取引を行うとメンタル面が違います。 デモではなく本物の取引を数多く積み重ねることで、得る知識はデモの比ではありません。 損失が続くと、冷静な判断ができなくなります。そのためにも、損失を少額に抑えやすい1ロット1,000通貨からの取引が良いでしょう。