為替ニュースナビ

ロスカットとは?

ロスカットとは?

FXのロスカットとは損失拡大を防ぐ

FXのロスカットとは、損失拡大を防ぐことを目的とした制度です。同時に、投資家の保護という役割を担っています。 もしロスカットが設けられていないと、損失の拡大が止まりません。預けた保障金を全額失うだけでなく、追加で資金を支払う可能性まであります。 ロスカットは損失が一定の基準を超えてしまった場合に発生します。大きな損失は確定してしまいますが、原則として最低限の資金は温存されます。

ロスカットの計算方法

ロスカットの計算方法は、以下の通りです。 ロスカット=必要保証金×100% 以下の例で説明してみましょう。 1,000通貨で取引 4,000円の必要保証金(1ドル=100円) ロスカットは100% 4,000円×100%=4,000円となります。 つまり、保証金が4,000円を下回るとロスカットされます。 FX取引を行う場合は、あらかじめロスカットの基準ラインを理解しておくと良いでしょう。

ロスカットの注意点

ロスカットは間に合わないことがある

ロスカットの役割は損失の拡大防止で、保証金以上のお金を失わないようにする制度です。 原則はその通りですが、為替相場に絶対はありません。あまりにも急激な相場変動があった場合は、ロスカットが間に合わない可能性もあります。そうなると預けた保証金以上の損失となってしまいます。 ロスカットがあるからと安心して、高いレバレッジをかけて取引をしていると危険です。

何らかの理由でロスカットをあえて避けたいとき

保証金(証拠金と同義)を追加入金する

保証金を追加入金することで、ロスカットを回避することができます。これは有効比率が上がるためです。 有効比率とは、有効評価額÷必要保証金で計算できます。 しかし、その後も損失を拡大する方向へ動き続けると、再度有効比率が低くなり、ロスカットに近づいてしまいます。 理由があって追加入金するのであれば良いですが、ロスカットを防ぐためだけに追加入金することは、かえって損失を拡大させてしまう場合もあります。 慣れない内は追加入金をするのではなく、低いレバレッジで取引を行うことが大切です。

保有ポジションの一部を決済する

ポジションを複数保有して損失が拡大している場合、一部のポジションを決済することでロスカットを避けることができます。 誰しも損失を出したくありません。しかしポジションと逆に相場が動いている状況で、ロスカットされるまで待つことはできません。 そのため、含み損を抱えたままにするのではなく、一定の損失を出した場合は速やかに損切りを行った方が良いのです。 損切りを行うことで、次の取引チャンスが来た時に、次の手を打つことができます。資金不足では何もすることができません。

ロスカットに関するよくある質問

ロスカットと損切りの違いは何ですか?

ロスカットは投資家の意思とは無関係に、ある一定基準以上の損失が出た場合に、強制的に決済される制度です。 対して損切りは、投資家の意思でこれ以上の損失を拡大させないために決済を行います。 保有しているポジションを決済することが同じですが、実際は相反する全く別の決済なのです。

窓を開けて始まったときにロスカットされるとどうなりますか?

連休明けの初日や、休場日に大きな事件や要人発言があった場合、取引開始直後に大きな「窓」を開けることがあります。 「窓」とは、システムメンテナンス明けの朝取引開始の直後に、相場が大きく動くことです。それまで連なっていたチャートが、突然大きく上や下に離れることがあります。 このような状況でロスカットされた場合は、相場の急激な変動に対応できず、預けた保証金以上の損失を出すことも考えられます。 こうならないためにも週末には決済して、ポジションを翌週に持ち越さないようにしている投資家も存在します。