為替ニュースナビ

    為替ニュースナビ

為替ニュースナビ | FX投資に役立つ情報を提供中!

FXのpips(ピップス)とは?

pipsという単位が作られた理由

FXにpipsという単位が作られたのには、理由があります。 FXは各国によって取り扱われている通貨が違います。通貨の単位が違うため、バラバラに表されると比較することは困難です。 米ドルであれば10ドルの変動、ユーロであれば10ユーロの変動、ポンドであれば10ポンドの変動があったとしても、いったいどれ程の変動なのか分かりません。 そのため、pipsを共通の単位とすることで、異なる通貨でも変動を比較し易くしたのです。

pipsの定義(1pips=〇円)は会社によって異なる

pipsによって、比較することは容易です。 しかしFX会社によっては、1pips=同じ金額とは限りません。会社によっては1pips=0.001円だったり、1pips=0.01円と設定に違いがあります。 また、基本となる通貨(基軸通貨)によっても、pipsは異なります。 「クロス円」と呼ばれる米ドル/円、ユーロ/円、ポンド/円は、1pips=0.001円。 「ドルストレート」と呼ばれるユーロ/ドル、ポンド/」ドルは、1pips=0.00001ドルとなります。

FXの1pipsはいくら?損益の計算方法

FXはpipsを使うことにより、簡単に損益計算を行うことができます。 その計算式は、損益=獲得pips(値幅)×取引数量です。 例えば、1000通貨の取引で1000pipsを獲得すると、1000円の利益となります。100pipsだと100円です。 取引通貨を10,000通貨で行った場合、1000pips獲得すると10,000円の利益となります。 取引数量が高くなるに連れて、1pipsの損益も高くなるのです。

海外FXボーナス | 海外FX業者オススメ12選!総額10万円獲得のチャンス!

FXは1日何pipsの値幅を目安に目標設定すれば良い?

FXで目標とすべき1日のpips幅はどれくらいが良いのでしょうか。 この目標は、取引するスタイルによって大きく異なります。 例えば、スキャルピングで10pips×50Lotという取引を行う人もいます。 または、スイングトレードで50pips×10Lotという取引を行う人もいます。 取引で得られる利益は一緒ですが、短期トレードなのか中期トレードかによって、目標の設定が変わってくるのです。

FXのpips を覚えることのメリット

FXはリスクが必ず伴います。そのため1つの通貨だけで取引を行うのではなく、分散投資で複数の通貨を保有することをお勧めします。 そうすると通貨が異なるために、どれくらい為替レートに変動があったのかが分かりにくくなります。 そこで比較するために必要なものが、pipsです。 「今日の米ドル/円は20pipsの下落だが、豪ドル/円は80pipsも下落している」 と、今後の投資の判断材料にし易いのです。

OCN光キャッシュバック | 光回線が最大6ヶ月無料のチャンス!

FXのpips に関する注意点

損切りの目安にpipsを用いるのは危険

損切りの目安にpipsとしている方もいますが、これは危険です。 実際に取引を行っている金額は、pips×Lot数です。 例えば損切り幅を100pipsと設定していた場合、1,000通貨で100円の損失です。(1pips=0.001円の場合)。 このように取引数量で1pipsの損益が異なるため、自己資金に対してどこまで損失が拡大した時に損切りを行うのか決めておく必要があります。

性病検査キットおすすめ比較 | 気になる価格・精度は!?おすすめキット比較

FXのpipsを活用してデモトレードをしてみよう

FXに初めて挑戦しようと考えている方には、仮想通貨を使ったデモトレードがあります。 「買った」「負けた」だけではなく、 「なぜこのタイミングで買い注文を入れたのか」 「なぜこんなに損失が拡大するまで損切りができなかったのか」 などを、自分が取引を行ったことを日記として記録すると良いでしょう。 客観的に振り返ることで、手法や分析、知識を伸ばしていくことができます。